国家資格となる理学療法士になる方法|専門学校で勉強しよう

勉強

医療系で役立つ資格

鍼灸

東洋哲学の学習として、鍼灸を学ぶ受験生は増えています。医学に必要となる陰陽五行の思想を身に付けるだけではなく、独自の診断や緩和技術を習得するなど、整骨院や病院などで活躍できる教育を専門学校で学ぶことが可能です。

合格を目指して

ナース

看護学校を現役で合格することを目指すのなら、入試データーが豊富な全国模試で、また数回も受験して、客観的にどうなのかという情報を受けとっていくのがオススメです。模試を活用することによっての対策はかなり効果があります。

高い就職率を誇る看護学校

看護師

ベルランド看護助産専門学校は、実習環境が充実した専門学校です。様々な分野をカバーしている総合病院や、分娩で高い実績を誇る提携病院で実習を行うことができます。社会人で入学する人も多いですが、入試や授業内容に不安がある場合は事前に進学相談会を利用すると良いでしょう。

社会復帰の手助けをしよう

女の人

仕事内容

理学療法士とはどのような職業か知っていますか。理学療法士とは怪我や病気などで体が不自由な方のサポートをする仕事です。サポートといっても介護とは少し違い、社会復帰や日常生活に戻るための立つ練習や歩く練習などのリハビリをお手伝いをします。理学療法士の仕事は社会復帰が目的であるため肉体的なことだけではなく、精神的なサポートも行い患者を心身ともに健康な状態にして送り出します。体が不自由な方だけではなく知的障害がある方にも精神的なサポートすることも。そのためやりがいや達成感を強く感じられる職業と言えるでしょう。理学療法士は人の役に立ちたい・やりがいのある仕事がしたい・人と関わる仕事がしたい方に適した職業ですよ。

需要の多い仕事でもある

理学療法士になるには資格が必要です。資格といっても国家資格なので高校卒業後に国が指定した大学か専門学校に行かなければなりません。最短で資格を取りたいなら短大か3年制の専門学校がオススメです。理学療法士は最低でも3年は通う必要があるため1年2年で資格を取ることはできません。逆にしっかり勉強して知識をつけたい場合は大学か4年制の専門学校へ行きましょう。理学療法士のことだけを学びたい方は専門学校に通うとよいでしょう。理学療法士は病院・リハビリステーション・障害者福祉センター・特別支援学級など働く場所がたくさんあり、高齢化社会の今では需要が多く仕事に困るということはありません。そのため、安定した仕事がしたい方にも最適です。